介護サービスの請求

国保連への伝送請求後の事前チェック(送信結果確認)

国保連に請求情報を伝送したら、データを送信できたかを「送信結果」を確認できます。
データを送信後は受信ボタンを押し、受付確認及び事前チェックエラーを受信します。受付確認・事前チェックエラーは伝送通信ソフトの「送信結果」を選択し、確認を行います。
送信データは、電子請求受付システムに到達完了後、受付処理をした後に事前チェック処理を行います。データ送信から50分程で、受付確認・事前チェックエラーを受信することが可能となります。

電子請求受付システムでの事業所と国保連での事前チェック処理

事業所 データ送信 毎月1日 0:00から10日の 23:30までに電子請求受付システムに送信します
国保連到達送信と同時に電子請求受付システムに到達(到達結果を受信)
国保連受付8:00 から 23:30 まで15分間隔で受付処理が実行される
国保連事前チェック処理8:20 から 23:50 まで30分間隔で事前チェック処理が実行される
事業所事前チェック完了受付確認及び事前チェックエラー受信

事前チェック(送信結果確認)でエラーになった場合

請求されたデータの中に事前チェックで、送信結果の状態が「受付完了」もしく「送信完了」になっていれば国保連側で請求内容を受付できた状態になっています。

エラーがある場合、送信結果の状態に「エラー」が表示されます。

様式エラー有

受付は正常に行われていますが、データの中に事前チェックでエラーになった情報が含まれています。

外部エラー

外部エラーの場合には、処理対象年月が不正やファイル名の不正、データ不備などでデータ受付が行われていません。データの再作成・再送信が必要です。

伝送エラー

送信すべきファイルの種類ではない場合などの理由でデータを取り込めなかった状態です。データの再作成・再送信が必要です。

「様式エラー有」の場合の送信データの取消

状態が「受付完了」「様式エラー有」となったデータは事前チェックエラーの有無に関わらず、国保連の審査支払システムに登録されます。事前チェックした結果、送信ファイルの中にエラー項目があったことを表しています。

このエラーについて何も対処しなければ、データは審査支払システムに登録され、エラー項目のある請求明細書・給付管理票は「返戻」扱いになります。

エラーが含まれている送信データの取消し、エラーのあったファイルについては送信結果を「取消完了」にします。その後、事前チェックエラーのデータを修正したファイルを作成・送信し、送信結果が「受付完了」になっていることを確認します。エラーの場合の再作成ファイルの送信の前には、エラーが含まれたファイルの取消が必要なのでご注意ください。

TOP