介護保険請求

国保連への伝送請求後の事前チェック(送信結果確認)

国保連に請求情報を伝送したら、データを送信できたかを「送信結果」を確認できます。データを送信後は受信ボタンを押し、受付確認及び事前チェックエラーを受信します。受付確認・事前チェックエラーは伝送通信ソフトの「送信結果」を選択し、確認を行います。送信データは、電子請求受付システムに到達完了後、受付処理

事業所の取下げ(過誤)依頼から国保連合会への再請求まで

過誤請求とは、間違えた内容を国保連請求してしまったということです。この場合には事業所は保険者に取取り下げ依頼を行い、保険者が国保連に過誤申立をして誤りを訂正してもらった後に、正しい内容で再請求を行います。事業所から保険者への取り下げ依頼があり、保険者が国保連合会に過誤申立を行うと、国保連に

要介護の認定申請(変更申請)から国保連の受給者台帳への登録まで

保険者から国保連合会へ受給者台帳(認定情報)の送付が行われ、国保連合会で受給者台帳の登録が行われないと国保連請求を行ってもエラーになります。要介護認定の申請(変更申請)から認定の決定まで通常 30 日程度ですが、手続きの不備等があれば 30 日以上の日数がかかる場合があります。図の

TOP