介護業務・介護方法

ADLとは? – 日常生活動作の基本を知る

本記事はアフィリエイト・プロモーションを含みます



私たちが日常生活を送る中で行う基本的な動作群を、専門的には「ADL(Activities of Daily Living)」と呼びます。この言葉を初めて聞く方も多いかと思いますが、介護やリハビリテーションの分野で非常に重要な概念となっています。この記事では、ADLの意味や内容、その重要性について詳しく解説します。

ADLの定義

ADLは「Activities of Daily Living」の略で、直訳すると「日常生活動作」となります。

ADLは、私たちが日常の生活を送る上で必要となる基本的な動作や活動を指します

 

IADL(Instrumental Activities of Daily Living)とは「手段的日常生活活動」

ADLは基本的な動作を意味するのに対して、IADLはADLを基本にした日常生活上の複雑でより高次な動作を指します。家事全般、買い物、金銭管理、服薬管理、外出、電話の使用、趣味などが含まれます。

IADL(Instrumental Activities of Daily Living)とは「手段的日常生活活動」

 

ADLの具体的な内容

ADLには以下のような動作が含まれます。

  • 食事:スプーンやフォークを使って食事をする動作
  • 入浴:体を洗ったり、湯船に浸かる動作
  • 更衣:服を着たり脱いだりする動作
  • トイレ:排泄のための動作
  • 移動:歩行や移乗、階段の昇降などの移動動作
  • 寝返りや起き上がり:ベッドや椅子での動作

ADLの重要性

ADLは、個人が自立して生活を送るための基本的な動作となります。これらの動作が困難になると、日常生活においてさまざまな支援や介護が必要となります。そのため、高齢者や障害を持つ人々の生活の質(QOL)を評価する際の基準として、ADLの評価が行われることが多いです。

また、リハビリテーションの目的や介護の計画を立てる際にも、ADLの評価は欠かせない要素となっています。具体的な動作の困難さや必要な支援の内容を明確にすることで、より効果的なサポートやトレーニングが可能となります。

ADLの評価方法・評価スケールの例

バーセルインデックス(Barthel Index)とは?

バーセル指数(Barthel Index)は、日常生活動作(ADL)の自立度を評価するための尺度の一つです。この指数は、特に高齢者や障害を持つ人々の生活の質やリハビリテーションの効果を評価する際に広く用いられています。

バーセルインデックスの評価項目

バーセルインデックスは、以下の10の項目を評価の対象としています:

  • 食事
  • トイレ
  • 更衣(上半身)
  • 更衣(下半身)
  • 体の洗浄
  • 入浴
  • トイレ移乗
  • ベッド・椅子の移乗
  • 歩行
  • 階段の昇降

バーセルインデックスの評価方法

バーセルインデックスの各項目は、特定の点数が割り当てられており、その動作をどの程度自立して行えるかに応じて点数が与えられます。例えば、「食事」の項目では、完全に自立して食事ができる場合は最高点、一部支援が必要な場合は中間の点数、完全に支援が必要な場合は最低点となります。

バーセルインデックスの得点の範囲と解釈

バーセル指数の得点の範囲は0〜100点です。高得点ほど日常生活動作の自立度が高いことを示し、低得点は高度な支援や介護が必要であることを示します。

バーセルインデックスによるADL評価基準(自立、部分介助、全介助・不可能)

バーセルインデックスを使用するメリット

  • 10の基本的な項目のみで評価が行えるため、迅速に患者の状態を把握することができます。
  • 食事から移動まで、日常生活の基本的な動作を網羅しているため、患者の全体的な自立度を評価することができます。

これらのメリットもあり、介護保険の科学的介護情報システム「LIFE」の評価項目としてもバーセルインデックスが採用されています。

科学的介護情報システム「LIFE」とは

科学的介護情報システム「LIFE」とは、利用者の情報や介護サービス提供に関する内容のデータを厚生労働省へ提出することと、データ解析によるフィードバックの活用によって、科学的に裏付けられた介護の実現を目指しサービスの質の向上を図る取り組みをするためのシステムです。

科学的介護情報システム「LIFE」とは データ提出・利用方法を解説!

 

FIM(Functional Independence Measure)とは?

FIM(Functional Independence Measure)は、リハビリテーションの分野で広く用いられる、患者の日常生活動作(ADL)の自立度を評価するための尺度です。FIMは、患者のリハビリテーションの進行度や効果を評価する際の基準として、また、介護の必要度を判断するためのツールとして使用されます。

FIMの評価項目

FIMは合計18の項目から構成されており、これらの項目は大きく「自己管理6項目」「運動6項目」「認知6項目」の3つのカテゴリに分けられます。

  • 自己管理:食事、整容、更衣(上半身)、更衣(下半身)、トイレ、排泄
  • 運動:ベッド・椅子・車椅子の移乗、トイレ移乗、浴槽・シャワー移乗、歩行・車椅子、階段
  • 認知:理解、表現、社会的相互作用、問題解決、記憶

FIMの評価方法

各項目は、1(全介助)から7(完全自立)の7段階で評価されます。評価者は、患者がその動作を行う際に必要な支援の度合いや、支援を受けた場合の動作の質を基に点数を付けます。

FIMの特徴

  • 包括的な評価:FIMは、単に身体的な動作だけでなく、認知機能に関する動作も評価するため、患者の全体的な自立度を把握することができます。
  • 再評価の可能性:リハビリテーションの進行や効果を定期的に評価することで、治療計画の見直しや調整が行いやすくなります。
  • 国際的な普及:FIMは、多くの国で使用されており、国際的な研究や比較にも利用されています。

 

Katz Index of ADL(Katzの日常生活動作指数)とは?

Katz Index of ADLは、高齢者や障害を持つ人々の日常生活動作(ADL)の自立度を評価するための尺度の一つです。この指数は、特に高齢者の生活の質や介護の必要度を評価する際に広く用いられています。

Katz Index of ADLの評価項目

Katz Index of ADLは、以下の6つの基本的な日常生活動作を評価の対象としています。

  • 食事
  • 入浴
  • 更衣
  • トイレ
  • 排尿・排便の制御
  • 移動(ベッドや椅子への移乗)

Katz Index of ADLの評価方法

各項目は、3段階の評価スケールで評価されます:

  • A(自立):その動作を完全に自立して行える
  • B(部分的支援が必要):その動作を行う際に部分的な支援や監視が必要
  • C(完全に支援が必要):その動作を行うために完全な支援が必要

Katz Index of ADLの得点の解釈

Katz Index of ADLの得点は、各項目の評価結果に基づいて総合的に判断されます。多くの項目で「A(自立)」の評価を受けると、高い自立度を示すことになります。逆に、「C(完全に支援が必要)」の評価が多い場合、高度な支援や介護が必要であることを示します。

Katz Index of ADLのメリット

  • 簡潔性:6つの基本的な項目のみで評価が行えるため、迅速に患者の状態を把握することができます。
  • 広範囲の評価:食事から移動まで、日常生活の基本的な動作を網羅しているため、患者の全体的な自立度を評価することができます。

 

ADLのまとめ

ADLは、私たちの日常生活における基本的な動作を指す重要な概念です。これらの動作がスムーズに行えるかどうかは、個人の生活の質や自立度を示す指標となります。高齢化が進む現代社会において、ADLの理解は、自身や家族の健康や生活をサポートする上で欠かせない知識となっています。

ジョブメドレーは、無料登録すると求人情報を自分で検索できます!
しつこい電話勧誘は一切ないのでおすすめです!


介護の仕事 介護の仕事

介護のお仕事情報

介護の仕事は人材不足・介護職員募集中



賞与の時期は求人が結構動きますので、ジョブメドレーに登録してよい職場が無いか見てみませんか?

ジョブメドレー

ジョブメドレー ジョブメドレー
TOP