介護業務・介護方法

IADL(Instrumental Activities of Daily Living)とは「手段的日常生活活動」

本記事はアフィリエイト・プロモーションを含みます



高齢者の自立した生活をサポートするためには、日常の基本的な生活動作だけでなく、それを取り巻くさまざまな活動にも注目する必要があります。こうした活動の中で、特に重要なのが「IADL(Instrumental Activities of Daily Living)」、すなわち「手段的日常生活活動」です。このIADLは、自分の生活を維持・管理するための基本的な動作に加えて、生活を営むための活動能力を示す指標として、介護の現場で頻繁に取り上げられます。しかし、具体的にどのような活動を指すのか、その意義や評価方法は十分に理解されていないことも多いです。本記事では、IADLの概念やその重要性、そして日常生活での適用方法について詳しく解説していきます。

IADL(Instrumental Activities of Daily Living)とは「手段的日常生活活動」

日常生活を送る上での基本的な動作や活動を「ADL(Activities of Daily Living)」と呼びますが、それに加えて、より複雑で高次な日常生活の動作や活動を「IADL(Instrumental Activities of Daily Living)」と称します。このIADLは「手段的日常生活活動」とも呼ばれ、自立して社会生活を営む上での重要な要素となります。

ADLとは? – 日常生活動作の基本を知る

IADLの内容

IADLは、以下のような日常生活の動作や活動を指します:

  • 電話の使用:電話をかける、受ける、メッセージを伝える能力
  • 買い物:食料品や日用品の購入能力
  • 調理:食事の準備や調理能力
  • 家事:掃除や整理整頓の能力
  • 洗濯:衣類の洗濯や整理能力
  • 移動:公共交通機関の利用や車の運転能力
  • 薬の管理:処方された薬の適切な摂取や管理能力
  • 金銭管理:財布の管理、支払い、預金・引き出しの能力

 

IADLの重要性

IADLは、個人が自立して社会生活を営むための基本的な動作や活動を評価する指標となります。これらの動作が困難になると、日常生活においてさまざまな支援や介護が必要となります。そのため、高齢者や障害を持つ人々の生活の質(QOL)を評価する際の基準として、IADLの評価が行われることが多いです。

 

IADLの評価方法・評価スケールの例

IADLの評価は、専門家による観察やインタビュー、そして標準化された評価ツールを使用して行われます。これにより、個人の日常生活の自立度や必要な支援の内容を明確にすることができます。

Lawton IADL Scale(ロートンの手段的日常生活活動尺度)とは?

Lawton IADL Scaleは、高齢者や障害を持つ人々の手段的日常生活活動(IADL)の自立度を評価するための尺度です。IADLは、基本的な日常生活動作(ADL)よりも複雑で高次な動作や活動を指し、自立して社会生活を営む上での重要な要素となります。この尺度は、特に高齢者の生活の質や介護の必要度を評価する際に広く用いられています。

ロートンの手段的日常生活活動尺度の評価項目

Lawton IADL Scaleは、以下の項目を評価の対象としています。

  • 電話の使用:電話をかける、受ける、メッセージを伝える能力
  • 買い物:食料品や日用品の購入能力
  • 調理:食事の準備や調理能力
  • 家事:掃除や整理整頓の能力
  • 洗濯:衣類の洗濯や整理能力
  • 移動:公共交通機関の利用や車の運転能力
  • 薬の管理:処方された薬の適切な摂取や管理能力
  • 金銭管理:財布の管理、支払い、預金・引き出しの能力

ロートンの手段的日常生活活動尺度の評価方法

ロートンの手段的日常生活活動尺度の各項目は、患者がその動作をどの程度自立して行えるかに応じて評価されます。評価は通常、専門家による観察やインタビュー、そして標準化された評価ツールを使用して行われます。

ロートンの手段的日常生活活動尺度の得点の解釈

Lawton IADL Scaleの得点は、各項目の評価結果に基づいて総合的に判断されます。多くの項目で高い自立度を示す評価を受けると、高い社会生活の自立度を示すことになります。逆に、低い自立度の評価が多い場合、高度な支援や介護が必要であることを示します。

Lawton IADL Scaleのメリット

  • 総合的な評価:日常生活の中での高次な動作や活動を網羅しているため、患者の社会生活の自立度を総合的に評価することができます。
  • 明確な指標:具体的な動作や活動に基づいて評価が行われるため、患者の状態や必要な支援の内容を明確に把握することができます。

Lawton IADL Scaleは、社会生活の自立度を評価するための詳細で実用的なツールです。高齢者の生活の質や介護の必要度を評価する際の参考として、この尺度は広く活用されています。

IADLのまとめ

IADLは、自立して社会生活を営む上での重要な要素を評価する指標となります。これらの動作や活動を理解し、適切なサポートや介護を提供することで、高齢者や障害を持つ人々の生活の質を向上させることが目指されます。

ジョブメドレーは、無料登録すると求人情報を自分で検索できます!
しつこい電話勧誘は一切ないのでおすすめです!


介護の仕事 介護の仕事

介護のお仕事情報

介護の仕事は人材不足・介護職員募集中



賞与の時期は求人が結構動きますので、ジョブメドレーに登録してよい職場が無いか見てみませんか?

ジョブメドレー

ジョブメドレー ジョブメドレー
TOP