介護業務・介護方法

介護の仕事で大切なプライバシー保護・秘密保持マニュアル

本記事はアフィリエイト・プロモーションを含みます



介護の現場でのプライバシー保護と秘密保持の重要性をポイントを絞って解説。利用者の尊厳を守り、信頼を築くための具体的な方法と事例を紹介。介護スタッフ必読のガイドです。

介護の現場は、人々の生活と健康、そして心の奥深くに関わる特別な場所です。そこでの一つ一つの言葉や行動が、利用者の尊厳や人権を守るための大切な役割を果たしています。特に、利用者の個人的な情報や日常の出来事に関する情報は、その人の人生そのものを映し出すもの。

このマニュアルでは、介護の仕事を行う中でのプライバシー保護と秘密保持の重要性について、具体的な方法や事例を通じて解説します。利用者の信頼を得るため、そして法的な問題を避けるためにも、正しい知識と実践が求められます。このマニュアルが、介護スタッフの皆様の日々の業務に役立つガイドとなることを願っています。

プライバシー保護の大切さ

介護の現場では、利用者の個人的な情報や日常の生活に関わる情報を取り扱うことが多いです。これらの情報は、利用者の尊厳や人権を守るために、適切に保護する必要があります。
プライバシーの侵害は、利用者の信頼を失うだけでなく、法的な問題にもつながる可能性があります。

秘密保持義務 介護福祉士の義務

社会福祉士及び介護福祉士法第四章第46条で「秘密保持義務」を規定しており、その原文は以下です。

(秘密保持義務)
第四十六条 社会福祉士又は介護福祉士は、正当な理由がなく、その業務に関して知り得た人の秘密を漏らしてはならない。社会福祉士又は介護福祉士でなくなつた後においても、同様とする。

保護すべきプライバシーの範囲

個人情報: 氏名、住所、電話番号、生年月日、健康情報、親族や交友の情報など
日常の生活に関する情報: 生活習慣、家族構成、趣味、宗教、食事の好みなど
健康や医療に関する情報: 診断、治療の履歴、薬の情報、健康状態など

プライバシー保護の方法

情報の取り扱いに注意

必要な情報のみを収集し、その目的以外での利用や第三者への提供は避けましょう。

情報の保管

個人情報を含む書類やデータは、鍵付きのキャビネットやパスワード付きのコンピューターに保管しましょう。また、情報を業務範囲外に持ち出すことの無いようにしましょう。

口外禁止

利用者の情報は、関係者以外には話してはいけません。また、ゴシップや不要な情報の共有を避けましょう。

従業者の秘密保持誓約書

従業員に対しても、秘密保持誓約を結ぶ。秘密保持誓約書には、何が秘密情報にあたるのか、どんなことが秘密保持であるのかを明記し義務を課し、意識を高める。

訓練と教育

定期的にスタッフのプライバシー保護に関する研修を行い、意識を高める。

情報の廃棄

不要になった書類やデータは、適切にシュレッダーで破棄するか、データ消去ツールを使用して完全に消去する。

利用者への個人情報の取り扱いについての説明と同意

利用者に自分の情報の取り扱い方を説明し、必要に応じて同意を得ます。一般的に介護保険サービス事業者含め個人情報を扱う事業者はプライバシー保護の観点から「個人情報の取扱いに関する同意書」に個人情報の取り扱いについて明記して、利用者等から同意を得る必要があります。また、事業所で働くスタッフも全員がこの個人情報の取扱いに関する同意書に書かれている個人情報の取り扱いについて理解しておく必要があります。

介護の仕事を行う中でのプライバシー侵害の事例

介護の仕事を行う中でのプライバシー侵害の事例をいくつか紹介します。「従業者の秘密保持誓約書」、「利用者への個人情報の取り扱いについての説明と同意」、研修や教育を通してプライバシー保護の義務があることを職員に認識してもらい、以下のようなプライバシー侵害が起きないように予防しましょう。

会話中の情報漏洩

介護スタッフ同士が休憩時間や飲み会などで、利用者の健康状態や家族のことなどの私的な情報を他のスタッフや第三者と話してしまう。

SNSや写真の不適切な利用

利用者との日常の様子をSNSにアップロードする行為。また、利用者の写真を無断で撮影・共有する行為。

書類の不適切な保管・廃棄

利用者の個人情報が記載された書類を適切に保管しない、または公共のゴミ箱にそのまま捨てる行為。

個人情報の不適切な取り扱い

利用者の健康情報や個人情報を、必要のない第三者や関係者以外の人に教えてしまう。

部屋の不適切な入室

利用者の部屋にノックや許可なしに入室し、プライベートな空間を侵害する行為。

通話・手紙の内容の盗聴・盗読

利用者の電話の内容を盗聴する、または手紙や日記を無断で読む行為。

身体的なプライバシーの侵害

介護の過程で、利用者の身体を洗う、着替えさせるなどの行為を行う際に、カーテンを閉めない、ドアを閉めないなど、他者から見られる状況を作ってしまう。

 

これらの事例は、介護の現場でのプライバシー侵害の一部です。介護スタッフとしては、常に利用者のプライバシーを尊重し、これらの事例を避けるよう心がけることが大切です。

最後に

このマニュアルは、介護初心者がプライバシー保護の重要性を理解し、実践するための基本的なガイドラインとしてポイントに絞って作成されました。日々の介護の業務の中で、常に利用者のプライバシーを尊重し、その保護に努めることが大切です。

ジョブメドレーは、無料登録すると求人情報を自分で検索できます!
しつこい電話勧誘は一切ないのでおすすめです!


介護の仕事 介護の仕事

介護のお仕事情報

介護の仕事は人材不足・介護職員募集中



賞与の時期は求人が結構動きますので、ジョブメドレーに登録してよい職場が無いか見てみませんか?

ジョブメドレー

ジョブメドレー ジョブメドレー
TOP