介護業務・介護方法

介護施設・介護サービスで急変の利用者が発生した時の緊急時対応マニュアル

本記事はアフィリエイト・プロモーションを含みます



この緊急時対応マニュアルは、介護施設や介護サービスにおいて、利用者の急変が発生した際に迅速かつ適切に対応するためのガイドラインです。急変は、利用者の命にかかわる事態がしばしば発生するため、すべての介護職員が内容を理解し、緊急時に対応できる体制を整えることが求められます。

本マニュアルでは、急変時の基本的な対応手順や具体的な事例に応じた対処法について解説しています。また、事後のフォローや再発防止に向けた取り組みも紹介しています。各職員は本マニュアルを熟知し、定期的な研修や実践を通じて緊急時対応能力を向上させることが大切です。

介護現場で使われる「急変」とは何か

「急変」とは、介護現場において急激な健康状態の変化や急性疾患の発症、事故などが発生した場合に用いられる言葉です。急変は、利用者の命に関わることがあるため、介護職員は迅速かつ適切な対応が求められます。

急変の例

転倒事故

高齢者は骨折しやすく、転倒による骨折が生じることがあります。転倒した利用者が痛みを訴える場合や、動かせない部位がある場合は、骨折の可能性が考えられます。

脳卒中

高齢者に多い疾患で、急激に発症することがあります。利用者が突然言葉が出なくなったり、片側の手足に麻痺が見られる場合は、脳卒中の疑いがあります。

心筋梗塞

利用者が胸痛や息切れを訴える場合、心筋梗塞が原因である可能性があります。この症状は、急速に進行し命にかかわることがあるため、速やかな対応が必要です。

糖尿病の急変

糖尿病の利用者が、急激に血糖値が上昇したり下降したりすると、意識障害や昏睡状態に陥ることがあります。状況に応じて、迅速な対応が求められます。

感染症の発症

高齢者は免疫力が低下しているため、感染症にかかりやすくなります。インフルエンザや肺炎などの感染症が急速に進行することがあり、その場合は迅速な対応が必要です。

介護職員が急変時に対応力を向上させるための研修のポイント

以下は、介護職員が急変時に対応力を向上させるためのポイントです。

症状の把握

利用者の症状や変化に敏感になり、異変に気づいたらすぐに対応できるように心がけましょう。また、利用者の持病やアレルギー情報などを把握しておくことも大切です。

応急処置の習得

心肺蘇生法(CPR)、AEDの使用方法、止血法などの基本的な応急処置を習得しましょう。定期的な研修や練習を行い、緊急時に迅速に対応できるように準備しておきましょう。

連携とコミュニケーション

介護現場での急変対応は、チームで行うことが多いため、スタッフ間の連携とコミュニケーションが重要です。状況を正確に伝え、適切な役割分担を行いましょう。

緊急連絡先の把握

救急車を呼ぶ際の連絡先や、利用者の家族への連絡先など、緊急時に必要な連絡先を事前に把握し、すぐに連絡が取れるようにしておきましょう。

事後フォローと改善策の検討

急変が発生した後は、事後フォローや原因の検証、改善策の検討を行いましょう。再発防止や今後の対応力向上に役立てることが大切です。

介護現場での急変対応は、利用者の命にかかわることがあるため、スタッフ全員が連携して速やかに対応できるように心がけることが重要です。

急変時の対応手順

利用者の状況把握

利用者の症状や変化に敏感になり、異変に気づいたらすぐに対応できるように心がけましょう。また、利用者の持病やアレルギー情報などを把握しておくことも大切です。利用者の様子がおかしいことに気付いたら、まず状況を把握しましょう。意識の有無、呼吸、脈拍などの状態をチェックしてください。

周囲の安全確保

利用者の周囲に危険物がないか確認し、安全な状態を作ります。他の利用者が近くにいる場合、適切な距離を保たせてください。

迅速な連絡

利用者の状況を他のスタッフに伝え、迅速に対応が必要な場合は緊急連絡網を使って周囲の人に知らせましょう。

利用者への対応

利用者の状況に応じて、適切な応急処置を行います。以下は一例です。

意識がない場合

AED(自動体外式除細動器)の使用や心臓マッサージ、人工呼吸などのCPR(心肺蘇生法)を行ってください。

意識があるが呼吸困難の場合

適切な体位につかせ、呼吸が楽になるようにサポートしてください。

救急車の手配

状況が重大である場合、救急車を呼びましょう。通報時には、施設の住所、電話番号、利用者の症状を正確に伝えてください。

情報の共有と記録

利用者の状況と対応内容を他のスタッフや管理者に報告し、記録に残しておきましょう。後日、事故原因や改善策を検討する際に役立ちます。一般的には落ち着いたら事故報告書を記録する必要があります。

家族への連絡

利用者の家族に状況を伝え、必要に応じて病院への同行や現場への来訪をお願いしましょう。状況が落ち着いた後、詳細な説明や今後の対応についても共有してください。

事後フォロー

利用者の回復状況や退院時期、必要なケアやサポートについて確認しましょう。また、家族や医療スタッフと連携して利用者のニーズに対応できるように調整してください。

事故原因の検証と改善

急変の原因や対応の過程を検証し、今後の予防策や改善策を検討します。スタッフ全員で情報共有し、再発防止に努めましょう。

スタッフ研修の実施

今回の事態を教訓に、スタッフの研修を実施してください。急変時の対応や応急処置、連携方法などを再確認し、緊急時に迅速かつ適切に対応できるように準備しておきましょう。

まとめ

利用者の急変が発生した際には、冷静かつ迅速な対応が求められます。このマニュアルを参考にして、介護施設で働く職員が適切な対応ができるように心がけてください。

ジョブメドレーは、無料登録すると求人情報を自分で検索できます!
しつこい電話勧誘は一切ないのでおすすめです!


介護の仕事 介護の仕事

介護のお仕事情報

介護の仕事は人材不足・介護職員募集中



登録したら求人が全部検索し放題のジョブメドレーに登録して、周りの待遇見てみませんか?

ジョブメドレー

ジョブメドレー ジョブメドレー

「ジョブメドレー」の評判 悪質な求人・転職サイトなの?上手に使いこなすコツ!

TOP